〜雪道運転で事故を防ぐ5つのポイント〜

  • 2016.01.14 Thursday
  • 19:04
皆さんこんにちは(*^^*)

いよいよ新潟にも雪の季節が到来しましたねキラキラ

私は高校生の時に新潟に引っ越して来たのですが、
その前は横浜に暮らしていて、雪にとっても憧れがありました☆

しかし、大人になると雪かきに雪かきに雪かき。。。
そしてなにより怖い雪道運転。

弊社では年間100件超の自動車事故の案件がございますが
雪が降るとやはり事故が多くなります。

そこで、雪道の運転で事故を防ぐ5つのポイントを今回はお伝え致します♪

ポイント1
〜スピードを出さない〜


どんな事故対策にも共通していますが、本当にこれは大切ですね。

なんといってもダントツで一番多い雪道事故はスリップ!

スピードが出てなければスリップのリスクを軽減できます。

そして、スリップした!!となると焦ってしまいますが・・・

ポイント2
〜急ブレーキ・急ハンドルは切るべからず!!〜


スリップしてしまい、焦ってしまえば焦ってしまうほど
ブレーキをきつく踏んでしまいますよね。
しかし、ブレーキを踏んでしまえば踏んでしまうほど車は滑るスベル・・・

特に滑りやすいのが・・・

ポイント3
〜橋・跨線橋は要注意!!〜


橋や跨線橋は下が地面ではなく、地熱が無いのでとても凍りやすい場所です。
道路は凍っていなくても、橋や跨線橋は凍っていることがありますので、
気を付けて走行しましょう!

ポイント4
〜雪の日は昼間でもライト点灯!〜


これは今日私自身が車を運転していて一番怖かったことですね。

雪が降ると視界が悪くなり、更に景色に色がなくなります。


こちらの写真をご覧頂くとお分かりになると思いますが
対向車がとても見えづらいですよね。

事故を防ぐには、事故を起こさないように気を付ける事も大切ですが、
事故に巻き込まれないように予防することも大切です。


こちらの車に気が付かずに、対向車が曲がってきて・・・
という事故も現に今日、目撃しました。

雪が降ってる日は昼間でもライトの点灯!
対向車にも後続車にも自車の存在をアピールしましょう!!

最後に・・・

ポイント5
〜車間距離はしっかりと〜


こちらもどんな事故対策にも言える事ですが、
車は急に止まれない、雪道ではさらに止まれない!!
ということになりますので、車間距離はいつもの2倍とりましょう!

実は、通年を通して一番多いのは追突事故なのです。
前を走る車が急ブレーキを踏んでも、確実に止まれるような
距離をとって運転しましょう!


いかがでしたか?

皆様の安全運転にお役に立てたら嬉しい限りです♪

実生活を送る上ではちょっと困りものの雪ですが、
ウィンタースポーツもこれからが楽しい季節!

楽しい冬を過ごせるように、安全運転で行きましょう☆


合同会社 ライフステーション
         龍   歩
コメント
コメントする








    

recent comment

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM